気持ちを伝える手段|年の暮れに労いの気持ちを込めて|人気のお歳暮

年の暮れに労いの気持ちを込めて|人気のお歳暮

ギフト

気持ちを伝える手段

電報

昔からある方法

電報と聞くと少し堅苦しい気もしますが、今は結婚式や出産のお祝いなどに贈れる可愛いものがたくさん増えています。ぬいぐるみやプリザーブドフラワーなどがついているものから、カタログギフトなどとセットになっているものもあります。電報は単なるメッセージを伝えるものではなく、プレゼントと一緒に気持ちを伝えるものに変わってきているのです。特に祝電の場合、そのバリエーションはとても豊富です。結婚のお祝いの場合は、結婚式をイメージしたものや、ウェディングドレスを着たくまのぬいぐるみなどがあります。特にプリザーブドフラワーのものは、そのままインテリアとして飾ることもできるので、とても人気があります。出産のお祝いや誕生日の場合は、バルーンを使った電報などもあり、とても華やかです。

進化している内容

電報は今ではいろいろな会社が取り扱っており、それぞれ特色があります。とくに違うのが、文字数に対する料金設定の違いと、配達できる日時です。電報は、昔から何文字から何文字まではいくら、と決めてあることがほとんどです。文字数が増えると、必然的に料金が上がります。なので、手紙のように伝えたい思いをたくさん書くというより、一番伝えたいメッセージのみを伝える簡潔なものがメインとなります。しかし今では、少し高めの定額料金で何文字でも送れるサービスをしているところもあります。この場合、手紙のようにたくさん書けますし、複数人で出すときは、それぞれのメッセージを電報で送ることができます。また、最近の電報は即日配達、遅くても翌日配達が基本となっています。しかし、商品によってはそれよりも日数がかかる場合があるので、下調べをきちんとして、時間には余裕をもって申し込むことがとても大事です。さらにオプションで、地域限定ですが三時間以内に配達をすることが可能になるサービスを取り扱っているところもあります。サプライズイベントなどで利用することもでき、人気のサービスになっています。